FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年は剣を 考察

クロセカ考察を一旦休んで、今回からアルバム単位の考察を小出しにします。
前回していたような裏を取った考察はしないのだけども、物語の構造的にこうだろうなという考えを書いていく。

で、こんかいは「少年は剣を」
2期に入ってから1枚目のシングルです。
このシングルの考察ってあんまり無い気がするんだけど、これ、世界観とかそういう所の考察するにはやっぱり説明が断片的過ぎるのが問題だと思います。
その上で私がする考察は、このアルバムの「コンセプト」や「テーマ」、どんな事が描かれているのかという部分になります。

さて、このアルバムで描かれているのは何か
「白い翼を背負い、黒い剣を持つ少年の、未来への希望を賭けた壮大な戦いの序曲」
です。何のこっちゃとなるかもですが、追って説明します。

このシングルで出てくる少年は、歌詞で説明される通り白い翼と黒い剣を持っています。
白と黒ってのは、クロセカの考察でも言ってると思うけど、サンホラの世界における争う宿命にある2つの属性です。
実はこの少年、サンホラの世界において大きく2つに分かつ白と黒という属性を一身に持っているというわけです。
この二つの属性を有するのは、他のアルバムを見てみても、彼のみしか居ない。
少年の特別な立ち位置がこれでおわかりいただけたでしょうか?

なぜ、彼が2つの属性を持ちえるのか、それは「白い翼を背負い、黒い剣を持つ少年の、未来への希望を賭けた壮大な戦いの序曲」の中の
「未来への希望を賭けた壮大な戦いの序曲」という部分にかかってきます。
3トラック目の神々が愛した楽園で、少年は白い翼も黒い剣も折れるほどの戦いをします。
しかし、翼が折れれば空へ詠いかけ、剣が折れれば子供達に祈りを託すのです。
つまりは、白い翼(と想い)や黒い剣(と祈り)を未来(子供達)に託していくという歌なのですね。
長ったらしくなったので、おさらいでこの少年がした事を物語調に要約してみましょう。

世界の始まりに、白と黒の属性を持った少年が居ました。
彼は戦争に駆り出される事になり、翼も剣も折れてしまった。
しかし、彼はその翼も剣も、これから続く未来へ、そして子供達へ託してゆくのでした。

という話になるわけです。
つまりこの少年こそが
白い存在(雷神等)と黒い存在(教団等)の始原であり
彼の子供達が白や黒に立場に立って争いを起こしていく
という事にもなるわけです。

壮大な戦いの序曲と詠ってますが、きっと壮大な戦いというのは、クロセカやミラなど、様々な地平線のことかもしれません。


さて、ここまでの考察で、2トラック目の緋色の風車がどこかに追いやられているように思えます。
実はその通りで、このシングルにおいて「緋色の風車」は少し特殊な立ち位置をしているのです
それは
「少年の子供が、白い存在となるか、黒い存在となるか選択をする」
という曲になっているのです。
つまり、「少年は剣を…」で描かれている主人公の少年が未来へ託したものを、選択する立場というわけです。
それは剣か盾かと物語の中で言われていますが、剣は黒い剣がある通り「黒い」存在に、盾はその対比で「白い」存在となるわけです。
この少年ははたしてどちらを取るのか…という曲なわけですね。
ちなみにどちらを取ったかは、別の地平線のお話になってしまうわけです。
つまり、少年は剣をの白も黒も同居する世界観では、どちらを取るかが重要ではないというわけですね。

まとめは数日たったらまた書きますね、あと末尾が「です」で終わりまくってるので後で校正しなおしますOTL
スポンサーサイト
プロフィール

うーみん

Author:うーみん
みんなみんなーともだちー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。