FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただのバカとパロディとパクリ

忙しいさなかだからあんまり更新できないと思ってたけど
気持ちが先行した。クロセカ考察は時間ある時に後回し

どうしようも無いバカは居る

人様の漫画の構図や内容を拝借して
さも私の作品ですと公言してしまう輩
そういう奴を人は模倣者などと蔑む。
オリジナリティの無い奴は嫌い。
だが、オリジナルへの愛のあったオマージュは
私は大好きだ。

自分の手元にマガジンドラゴンがある。
去年の年末くらいにマガジンが出した冊子
正直これ、表示偽装です。
中身はマガジンフレッシュですよ。
体の良い新人作家掲載冊子、それを某雑誌のエニックスだかスクエアだか忘れましたがそれに触発されて急いで作っちゃった。
そんな雑誌がこれ。
巻頭で大暮先生と赤松の野郎が喋ってる。
久米田の野郎が限られたページ数で漫画書いてる
私は本人が言うほど、きよ彦悪い話じゃないと思う。
フォローじゃないよ?本当だよ?
久米田の、変人が訪れて来てかき乱す話しは好き。

そんな中、今軽く話題に上がってる漫画がある。
これ言う事は、漫画をちゃんと全ページ読んだ上で
このマガジンドラゴンがどのような趣旨の漫画雑誌であったかを知っており
そして新人作家にかなり温情的(過保護といってもいい)な人が言う事である。

メガバカって漫画の盗作の疑いがネット界隈で話題になってる。
ふたばよか外のあたりな気がする。講談社は認めて謝ったよ。
私、この漫画はじめに読んだとき
「バカな作者」だなんてすぐ思ったわけです。
デスノのまんまの構図でキャラ書くわけですよ、サイコとか大暮あたりもぱくってたんだって
こう言っちゃもぅ極論だけど「ギャグ」として見れました。
戯言と思うかもしれないけどさ、木多の「代表人」とか読んできなよ、そりゃ、怒られて、連載切られるような
決しておりこうなギャグ漫画じゃないよ木多だって。
でもこの「メガバカ」ってのは、なんていうか、ちっちゃい木多みたいなもんだった
同じ雑誌内の新人の中で、絵だけ見ればべらぼうに上手いわけさ
それなのにくっだらないギャグ漫画を描いてるわけだ。
バカだけどある種の才能を感じたよ。

そりゃあ、人様の絵を真似る事ってのは良くないよ。この作者にさ
ここで甘くして、人の絵の模写して売れるって教えちゃいけない
そういうのもすごく判る
でもね、良き物を真似るってのは、理想に向かって精進する中の
一つの手法であると私は思う。
この作者バカだけど話はオリジナルでまとめてたよ。
絵の上手さの持ち腐れと思うくらいにバカでくだらない話だったけども

こういう新人潰しって可哀想だよね。自分でわかってるけど
私の言ってることがことごとく甘いんだ。
だけどこの作者を知ってしまったから、守る側に立ってあげる事も
必要だと思って声を大にしてる。

叩いてる奴はまず全部読め
欲を言えば金払ってまで読め

あと久米田も嫌がってるからネットにあげないでくださいお願いします。
スポンサーサイト

クロセカ考察~2.雷神の民~

ここでは「雷神の系譜」を主に考察したいと思う。

この物語は、光の側の視点で描かれる物語である。
雷神という英雄の力を伝承した雷神の民は、邪神と対立関係にある。
英雄の息子達は、邪神を封印した地に街に自らが結界となるべく街を築くが
それはつまり、邪神の信奉者達の聖地を敵に奪われたという事となる。
なぜ邪神の信奉者達が攻め込んできたかは明確には語られていないが
聖地奪還&邪神の復活であると考えると、この時代と後の争いの辻褄が合うように思う。

さて、後の時代との繋がりがあると思うファクターを述べよう
まず、雷神の民はルキアの時代の「白い翼」であり、邪神は「書の魔獣」である。
そう考えるにこのクロセカという世界は、はじめから最後まで「白と黒の対立」となるし、邪神や魔獣を表す属性が「黒」、雷そのものと白い翼の色は「白」である。
色の事を言ってしまうと至って当然の事であるが、なぜ「雷神の民」は「白い翼」と名称が変わったのか
雷神の系譜の最後「暗雲を貫く光を翼に受け…その白鴉は羽ばたいて往く…」がこれを示唆していると私は思う。
伝承は受け継がれるが、いつしか人々から「雷神の民」という存在が消えていき能力の一部「黒を切り裂く白い存在」「空に広がる白い翼(光る稲妻)」と属性が変わっていったと考える。

次に、雷の紋章の行方であるが、これは後の世の薔薇の紋章へと移り変わっていくと考える。
雷の紋章が身体から消え、雷神の民が自らを雷の民と忘れてしまう。
だが、その紋章のみ伝承され、この雷は薔薇の紋章と解釈が変わって受け継がれていったものだと思える。
これこそが「受け継がれるモノ(紋章の形、雷神の能力)受け継がれざるモノ(身体の雷の紋章、伝承としての雷神)」
となると考える。

これらの裏づけは、次回書く聖戦の考察において更にされる事となる。
その前にローザの考察が入るかなぁ、年代的に近しい物だから、まとめて考察するとは思う。

クロセカ考察~1.序論~

移動中に暇だったからサウンドホライズンのクロニクルセカンド聴いてた
考察してたから、ここにまとめる。以下ネタバレ

とりあえず、考察の基本として、妄想、期待とかの部分はあんまり重視しない。
ある程度の証明が出来るような、2つ以上の歌で予想しうる内容での考察をしたい。
また年代(巻数)を追って証明する事とする。

まずはじめに結論を言うのが説明と読み進むにあたり楽だから述べてしまう。
まず、黒の予言書がどのようにして作られたか
私は、ノアが永遠を本当に手に入れている者であり、1つの時代が終わった後(24巻での終焉を迎えた後)
第一巻の世界へ飛びノアが知りうる歴史を書き記した物だと思っている

こう予想した理由の一つに
①「書の魔獣」の最後「聴こえないのかい?我々を新世界へと導くあの音が…!」の後に、逆再生し最新トラックから1曲目まで遡るため
②卑怯だが、Romanの「焔」で若本が言う「歴史が書を創るのか、書が歴史を創るのか、永遠を生きられない以上 全てを識る由もなく」という台詞より、歴史が書を作った場合により、永遠を生きるノアはただ知っているだけの歴史を、創るだけで、まるで予言書のような物が作れると考えるから
「永遠」の意味が、世界が終わった後にまた世界がまき戻る。その決まりに同伴してついていけるものと定義する。
既に言ってる、けど、簡単にもう一度言うとノアが有史のはじめまで戻りただ見知った歴史を記しただけの年代記であるのが、黒の予言書だと私は思う。
世界が巡っているなんて変な話だけど、「書の囁き」のクロニカ様が「幾度となく誕生と消滅を繰り返す世界」なんて言ってたり、多分遠くない考えだと私は思う。

次に、この世界を考察する時の視点として「光と闇の対立」「白と黒の対立」という観点から考える。
各登場人物が「光(白)」の立場なのか「闇(黒)」の立場なのかを考えて、その属性の上でどのような働きをしたのかを考えの基本としたい。
光=白、闇=黒としたのは、視覚的な同義のほかにも、登場してくる属性として同義であると考えられたからだ、これは、考察を進めるに従って証明したい。

長くなったので一旦こんな所で

花札屋

wii買った

これから忙しくなるのだけども
だから逆に人が家に来ます。
人が来たときにサプライズとレク用に買っておいた。

マリギャラとスマブラ買ったけど、初めてのwiiとwiiスポーツあたりもあると嬉しい
知り合いが買ってくれると信じて
土曜日に買って大体隠しステージも出したと思う。
確認してないからわからないけども…
クリアゲッターで半分くらい空いたから多分9割くらい出したもんかと
キャラは出し切った。亜空はお供のお人形と一緒にやって買った日にクリアさせた

カービィとサムスが毎度の如く扱いやすい。メタナイトとかガノンも良いけど対戦だと無理そうかもね
人によって持ちキャラは分かれそう

wiiで私もMii作った。目が結構難しいこれ

侵食される頭の中で

大体この日記は、本当に私の頭の中によぎった
本当にどうでも良いことを垂れ流すような掃き溜めである
元来いろいろ考えてしまう人間なんです。お暇だったら
少し見ていってくださいな。

一時期ゲーム脳なんて言われてゲームの危険性が
危惧されていた時期があった。そりゃあ言いたい事もわかる。
子供が一人部屋で何時間も光を相手に凝視し続けていれば
一種洗脳状態に近くなる場合だって、無いわけはないと思う。
危険性の方向はわかるが、マスコミという媒介を通し
大衆の下に情報が伝わるまでに
「ゲーム脳」という響きの良い単語と
ゲームが悪影響を及ぼすという結果のみが伝わってしまう。
情報伝達がそういう仕組みであると承知してはいる。

そういう風当たりが本当にいけないのか
現在を思うに、いろいろと危惧していた大人もゲームをする時代になった。
ざまぁみろとかは微塵も思わない。人々に
「ゲーム」という概念が普及に至った結果だと思われる。

風当たりが悪い中でも、だからこそゲームの本質を教えようと
愚直に花札屋は努力したと思える。
タッチスクリーンや勉強が出来るソフト
体を動かし家族でやれるゲーム。
逆境という立場から大衆を納得させられただけの尽力を尽くしたのは
純粋に凄いことなんだと思える。
花札屋はリアルになるだけのゲームって嫌いだけど
人とわいわい出来るようなゲーム作るのは好きなんだなぁと思う

話もまとまらないけど気が向いたら加筆修正したい
見直したくない可能性も高いけども

ユアメモリーズオフ4

今日は小西さんをクリアしたよ
日がなネタバレ風味な内容の続き

プレイ時間2時間弱なのにほぼ一日かかったのはなぜなんだろうと本気で思う。
私、恋愛系の文章読み進むゲームはすぐ飽きちゃうだからだろうなぁ…
15分もやったらぽいなんだと思う…

そんなことより、本編のお話
あんまり清水節を感じなかったけど、でも楽しかった
なんか、キュービックカフェの面々にキャラクターを絞れたシナリオだったんで
テンチョーや都子さん、りかのちゃんあたりも大活躍
設定的には、日常の中にくーたって異質な存在が紛れ込んだのが
それはそれで清水作品ぽくはあるけど…異質というには弱いのかな
キャラは最高潮に魅力的だけどね。りかのちゃんと絡んで渡り合えるのはくーたくらいかも
りかのとくーたのばかしあいを見ているだけで結構楽しめそう。
前から思っているのだけども、りかのちゃんは
ゼロヨン~シリーズやネペンテスに出てくるトオちゃんみたい
くーたはその相方足りうるその不思議な存在
この組み合わせ、結構気に入りました。りかのちゃんとくたくたで
多分ショートアニメできるんじゃないかなくらいに
お話のことは今回あまり言わなかったけども
基本的に何なんだろうね…
ボーイとガールがミーツする話ってわかってるからあんまり考えてないのかな

清水作品特有の不思議が起きないのはあたりまえ
その中で清水先生らしい所を探したがっている気がする。
清水作品好きで、メモオフ好きだと、多分すごい楽しいんだと思うこのゲーム
メモオフ好きさんのがもっと楽しめるかも…かなり世界観に共通性が高いですよ
多分…悲しいけど投売りされちゃう可能性もあるので、そうなった時に手を出してみても

ユア・メモリーズオフ3

鈴健をクリアしてきたよ
あんまりおさえてもなんなので、ちょっとネタバレ風味で喋ろうと思う


CGとかかるくみた感じで、このシナリオにはおねぇちゃんが関わるだろうなぁ
と思ってやりはじめた。この作品、本当女の子のキャラが良い味出してて
グリリバだったらりかのちゃん関わってくるだろうなとおもってたらそうだし
今回はおねぇちゃん目当てでやったってのが本心。
いつも意地悪ばかりするおねぇちゃん。きっと何か理由あるんだと思ってたら
割と図太く設定があって驚いた。鈴村ルートというよりかは
完全に姉妹愛を確かめるようなルートだった
少し目から汗も出た。この2つのお話やると、大筋にある
伏線は大体消化しちゃって…後は小西さんのキャラが少し気になるくらいになったね
今回の鈴健ルートは、普通に楽しめて良かった。
グリリバもそうだけど、男の子とくっつくよりも
主人公の海ちゃんとヒロインとの対決のが楽しい
やっぱり清水作品だな、と深く思わされました

ユアメモリーズオフ・2

このゲームをやった感想を少しだけ
大体の人ははやらないだろうけど、いちおうネタバレしないくらいに
私は清水作品としてやったので
あぁ、これは清水先生が書いてるなってわかる部分に安心したよ
主人公の海ちゃん、典型的な清水作品主人公だった
メインのグリリバ声の子は、きっと清水先生作品だったら
かっこいいけど顔はかっこよくないんだと思う、土臭さみたいなもの
かっこいい良さの二乗よりも、かっこいい中の汚さとか
そういう面が現われるのが先生の作品かなと思う
そういう所、やっぱりちょっとグリリバにはあってよかった

グリリバ視点に切り替わるようになったけども、ちょっと残念
少しネタバレになるかな…
いやね、かなりダイジェストみたいな内容だったのも残念
そしてあんまり別視点になる必要性が無かったのも
あれは単に、男の子同士でいちゃいちゃさせるための
そういう意味での別視点だったんじゃないかと思うくらい
別に嫌いじゃないけどさ、でも清水作品としてやってたら
はっきり言うと正直そういうの要らなかったんだ…
でも、メインルートをつきすすんだら、最後にご褒美が
演出としてそこはすごくありだと思いました。

今は鈴健攻略しはじめた所、あんまりこのキャラ好きじゃ
答えは聞いてない!

ユアメモリーズオフ

どうも前の記事で話が逸れた
逸れたけど、言いたい事があるからいいやと思って愚痴った節もあるけど
なんで乙女ゲー買ったかも語りたかったので喋る
この作品、脚本の人が好きな小説家さんだから買った
メモオフってメジャーなタイトルだし、女の子向けでも
そういうので買う人いるかなとも思う。datで他にやってる人見ないけど…
クリアして、中々に楽しめた。主人公もだけど、りかのって女の子が好き
清水先生が描く、高飛車で、ちっちゃくて、少し電波なそんなキャラ
りかのと主人公の海ちゃんの会話が、まんま清水先生作品て感じで
とっても楽しかった。メインはバンドの男の子達と
ボーイとガールがミーツするお話だけども…

清水先生好きだから、楽しめてやった。
乙女ゲーだけど、全然そういう感じでやんなかった
先生の作品に、絵がついて、声がついて、て思ってやったら気分が上がった
まだメインの子達しかクリアしてないけど…もぅ少しだけこの世界に浸ろうと思う。
ちなみに、エンディングの曲が凄いよかったよ。
人にお勧めかは微妙だけど、メモオフが好きだったり、清水先生が好きなら
文句なしにやれるかな、って思う

いきなりこんなネタ

ここ最近は、ユアメモリーズオフってゲームやってた。
2日くらい大体の時間つぎ込んでメインを大体クリアしたよ
このゲーム、スマブラの発売日に、駅前大型店に買いに行ったんだけど
すごい列をなしてた
いやね、そのお店で買うと、グリリバとリュウタが喋るドラマCDがついてくるんですって!
なら予約するしか無いじゃないか!
ものすごい行列の、そのほとんどがスマブラなんだと思う。
わざわざこういう日に発売日づれなくても…

街を回ってたら、もぅ日も落ちて閉店近いのに、場所によってはスマブラ売ってた
大型店舗だけに回すやり方じゃ、小売に嫌われるよね
私は純粋に輸送出来る数にも、限りがあるから地方に
必要数周らないのは仕方ないとも思ってた
けどさ、都内だから何便もその日に運べるとしても、そういうやり方って
小売に嫌われて仕方ないと思えた。
地方の子供にゲームが周らないのが純粋に可哀想。
私は、任天堂嫌いにはならないけど
嫌だっていう人の気持ちがちょっとだけわかったよ

はじめに

blogをはじめる
ネットでなら私、すごい活躍出来るんですよ!出来るんですよ!
久米田先生が紙でブログを書く今では、こんなありふれたblogをはじめるのなんておかしいかな?と思うけど
決して、mixiに誘われないからはじめたんじゃないんですよ
薄気味悪い!ただ、私がぐだぐだ話を漏らす場として作りたかっただけなんですって!

一応…板で見せてる感じと結構雰囲気が違う事になるかもしれない。
そうなったら、本当にごめんね…
プロフィール

うーみん

Author:うーみん
みんなみんなーともだちー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。