FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花札屋

wii買った

これから忙しくなるのだけども
だから逆に人が家に来ます。
人が来たときにサプライズとレク用に買っておいた。

マリギャラとスマブラ買ったけど、初めてのwiiとwiiスポーツあたりもあると嬉しい
知り合いが買ってくれると信じて
土曜日に買って大体隠しステージも出したと思う。
確認してないからわからないけども…
クリアゲッターで半分くらい空いたから多分9割くらい出したもんかと
キャラは出し切った。亜空はお供のお人形と一緒にやって買った日にクリアさせた

カービィとサムスが毎度の如く扱いやすい。メタナイトとかガノンも良いけど対戦だと無理そうかもね
人によって持ちキャラは分かれそう

wiiで私もMii作った。目が結構難しいこれ
スポンサーサイト

侵食される頭の中で

大体この日記は、本当に私の頭の中によぎった
本当にどうでも良いことを垂れ流すような掃き溜めである
元来いろいろ考えてしまう人間なんです。お暇だったら
少し見ていってくださいな。

一時期ゲーム脳なんて言われてゲームの危険性が
危惧されていた時期があった。そりゃあ言いたい事もわかる。
子供が一人部屋で何時間も光を相手に凝視し続けていれば
一種洗脳状態に近くなる場合だって、無いわけはないと思う。
危険性の方向はわかるが、マスコミという媒介を通し
大衆の下に情報が伝わるまでに
「ゲーム脳」という響きの良い単語と
ゲームが悪影響を及ぼすという結果のみが伝わってしまう。
情報伝達がそういう仕組みであると承知してはいる。

そういう風当たりが本当にいけないのか
現在を思うに、いろいろと危惧していた大人もゲームをする時代になった。
ざまぁみろとかは微塵も思わない。人々に
「ゲーム」という概念が普及に至った結果だと思われる。

風当たりが悪い中でも、だからこそゲームの本質を教えようと
愚直に花札屋は努力したと思える。
タッチスクリーンや勉強が出来るソフト
体を動かし家族でやれるゲーム。
逆境という立場から大衆を納得させられただけの尽力を尽くしたのは
純粋に凄いことなんだと思える。
花札屋はリアルになるだけのゲームって嫌いだけど
人とわいわい出来るようなゲーム作るのは好きなんだなぁと思う

話もまとまらないけど気が向いたら加筆修正したい
見直したくない可能性も高いけども

ユア・メモリーズオフ3

鈴健をクリアしてきたよ
あんまりおさえてもなんなので、ちょっとネタバレ風味で喋ろうと思う


CGとかかるくみた感じで、このシナリオにはおねぇちゃんが関わるだろうなぁ
と思ってやりはじめた。この作品、本当女の子のキャラが良い味出してて
グリリバだったらりかのちゃん関わってくるだろうなとおもってたらそうだし
今回はおねぇちゃん目当てでやったってのが本心。
いつも意地悪ばかりするおねぇちゃん。きっと何か理由あるんだと思ってたら
割と図太く設定があって驚いた。鈴村ルートというよりかは
完全に姉妹愛を確かめるようなルートだった
少し目から汗も出た。この2つのお話やると、大筋にある
伏線は大体消化しちゃって…後は小西さんのキャラが少し気になるくらいになったね
今回の鈴健ルートは、普通に楽しめて良かった。
グリリバもそうだけど、男の子とくっつくよりも
主人公の海ちゃんとヒロインとの対決のが楽しい
やっぱり清水作品だな、と深く思わされました

ユアメモリーズオフ・2

このゲームをやった感想を少しだけ
大体の人ははやらないだろうけど、いちおうネタバレしないくらいに
私は清水作品としてやったので
あぁ、これは清水先生が書いてるなってわかる部分に安心したよ
主人公の海ちゃん、典型的な清水作品主人公だった
メインのグリリバ声の子は、きっと清水先生作品だったら
かっこいいけど顔はかっこよくないんだと思う、土臭さみたいなもの
かっこいい良さの二乗よりも、かっこいい中の汚さとか
そういう面が現われるのが先生の作品かなと思う
そういう所、やっぱりちょっとグリリバにはあってよかった

グリリバ視点に切り替わるようになったけども、ちょっと残念
少しネタバレになるかな…
いやね、かなりダイジェストみたいな内容だったのも残念
そしてあんまり別視点になる必要性が無かったのも
あれは単に、男の子同士でいちゃいちゃさせるための
そういう意味での別視点だったんじゃないかと思うくらい
別に嫌いじゃないけどさ、でも清水作品としてやってたら
はっきり言うと正直そういうの要らなかったんだ…
でも、メインルートをつきすすんだら、最後にご褒美が
演出としてそこはすごくありだと思いました。

今は鈴健攻略しはじめた所、あんまりこのキャラ好きじゃ
答えは聞いてない!

ユアメモリーズオフ

どうも前の記事で話が逸れた
逸れたけど、言いたい事があるからいいやと思って愚痴った節もあるけど
なんで乙女ゲー買ったかも語りたかったので喋る
この作品、脚本の人が好きな小説家さんだから買った
メモオフってメジャーなタイトルだし、女の子向けでも
そういうので買う人いるかなとも思う。datで他にやってる人見ないけど…
クリアして、中々に楽しめた。主人公もだけど、りかのって女の子が好き
清水先生が描く、高飛車で、ちっちゃくて、少し電波なそんなキャラ
りかのと主人公の海ちゃんの会話が、まんま清水先生作品て感じで
とっても楽しかった。メインはバンドの男の子達と
ボーイとガールがミーツするお話だけども…

清水先生好きだから、楽しめてやった。
乙女ゲーだけど、全然そういう感じでやんなかった
先生の作品に、絵がついて、声がついて、て思ってやったら気分が上がった
まだメインの子達しかクリアしてないけど…もぅ少しだけこの世界に浸ろうと思う。
ちなみに、エンディングの曲が凄いよかったよ。
人にお勧めかは微妙だけど、メモオフが好きだったり、清水先生が好きなら
文句なしにやれるかな、って思う
プロフィール

うーみん

Author:うーみん
みんなみんなーともだちー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。