スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年は剣を 考察

クロセカ考察を一旦休んで、今回からアルバム単位の考察を小出しにします。
前回していたような裏を取った考察はしないのだけども、物語の構造的にこうだろうなという考えを書いていく。

で、こんかいは「少年は剣を」
2期に入ってから1枚目のシングルです。
このシングルの考察ってあんまり無い気がするんだけど、これ、世界観とかそういう所の考察するにはやっぱり説明が断片的過ぎるのが問題だと思います。
その上で私がする考察は、このアルバムの「コンセプト」や「テーマ」、どんな事が描かれているのかという部分になります。

さて、このアルバムで描かれているのは何か
「白い翼を背負い、黒い剣を持つ少年の、未来への希望を賭けた壮大な戦いの序曲」
です。何のこっちゃとなるかもですが、追って説明します。

このシングルで出てくる少年は、歌詞で説明される通り白い翼と黒い剣を持っています。
白と黒ってのは、クロセカの考察でも言ってると思うけど、サンホラの世界における争う宿命にある2つの属性です。
実はこの少年、サンホラの世界において大きく2つに分かつ白と黒という属性を一身に持っているというわけです。
この二つの属性を有するのは、他のアルバムを見てみても、彼のみしか居ない。
少年の特別な立ち位置がこれでおわかりいただけたでしょうか?

なぜ、彼が2つの属性を持ちえるのか、それは「白い翼を背負い、黒い剣を持つ少年の、未来への希望を賭けた壮大な戦いの序曲」の中の
「未来への希望を賭けた壮大な戦いの序曲」という部分にかかってきます。
3トラック目の神々が愛した楽園で、少年は白い翼も黒い剣も折れるほどの戦いをします。
しかし、翼が折れれば空へ詠いかけ、剣が折れれば子供達に祈りを託すのです。
つまりは、白い翼(と想い)や黒い剣(と祈り)を未来(子供達)に託していくという歌なのですね。
長ったらしくなったので、おさらいでこの少年がした事を物語調に要約してみましょう。

世界の始まりに、白と黒の属性を持った少年が居ました。
彼は戦争に駆り出される事になり、翼も剣も折れてしまった。
しかし、彼はその翼も剣も、これから続く未来へ、そして子供達へ託してゆくのでした。

という話になるわけです。
つまりこの少年こそが
白い存在(雷神等)と黒い存在(教団等)の始原であり
彼の子供達が白や黒に立場に立って争いを起こしていく
という事にもなるわけです。

壮大な戦いの序曲と詠ってますが、きっと壮大な戦いというのは、クロセカやミラなど、様々な地平線のことかもしれません。


さて、ここまでの考察で、2トラック目の緋色の風車がどこかに追いやられているように思えます。
実はその通りで、このシングルにおいて「緋色の風車」は少し特殊な立ち位置をしているのです
それは
「少年の子供が、白い存在となるか、黒い存在となるか選択をする」
という曲になっているのです。
つまり、「少年は剣を…」で描かれている主人公の少年が未来へ託したものを、選択する立場というわけです。
それは剣か盾かと物語の中で言われていますが、剣は黒い剣がある通り「黒い」存在に、盾はその対比で「白い」存在となるわけです。
この少年ははたしてどちらを取るのか…という曲なわけですね。
ちなみにどちらを取ったかは、別の地平線のお話になってしまうわけです。
つまり、少年は剣をの白も黒も同居する世界観では、どちらを取るかが重要ではないというわけですね。

まとめは数日たったらまた書きますね、あと末尾が「です」で終わりまくってるので後で校正しなおしますOTL
スポンサーサイト

金八

金八見終わったからクロセカの考察に…
すみません戻る気なんで今はしませんのでございます。

コメントが業者さんがいっぱいになってたので削除いたしましたー
返信できなかった方申し訳ございませんね。
あととりあえず、リンクを新たに追加いたしました。
広がる友達のー、輪!

クロセカ考察~3.詩人と聖戦前編

間隔があいたけど続きを

まずはルーナに関して
辿りつく詩、そしてルーナも光の側の人間であると考える。
「運命よ…例えお前が瞳から光を奪い去ろうとも、この唇からは詩を奪えない…」
という一節と、薔薇の騎士団での
「苛酷な旅の果てに眼病を患い光を失ってなお歌い続け、その詩を通して聴く者の心の闇に希望の光を灯し続けた女性」
なんていう節は、ルーナの眼という光の喪失と、それでもなお詩で光を与えたと裏付けるに値する。

次に、聖戦と死神の登場人物を紐解く
手軽な所でパーシファルから
彼は、顕著に雷神の力を受け継いでいると言える
「緋い戦場を駈け廻る一条の雷 パーシファルの雷槍(スピア)」
「パーシファルの雷槍(ヤリ)が閃き 崩れ落ちるゲーフェンバウアー」
なんて具合に、彼と雷という力の関係性は嫌に強く強調される。
彼が雷神の直系かどうかはわからないが、雷神の民、だなんて
集合体で雷神の力引いてたんだから戦闘に特化したこういった力を
色濃く受け継いでる人が居ても問題無いかと
円卓の騎士かどうかを考えるのはもはや蚊帳の外で私は考えたい
少し脱線してしまうが、revoさんなりの解釈でクロセカ世界に取り込んだんであって
原作でどうのはあまり追求したくない、もちろん、私がそのような知識を知りえないから
あえてそこで証明しえないだけでもあるが…

次に、ローザに関して少し妄想込みでの話をする
彼女は女王という最高位の立場である。
もちろん、彼女も雷神の力を引き継いだ者と考えていい
だが彼女はそちらよりも、紋章の方を深く考えたい
雷の紋章がどんな形をしていたかは知らないが
その形のみを国の証として残し、体からは消えてしまったように思える。
これらはかなり証明する手立てが無いが
国を表す国旗は必要であり、統治するにあたり
治めた者達の特徴、つまり、雷の紋章を
国旗としたと思えなくも無い。
そして雷神の力は昔話、伝承となってしまったと
ローザが雷神の系譜の村の長の娘の子孫だと考えるとするのも
楽しくはある。
ローザに関しては私はそう捉えている、くらいの記述となる。

金八始まるから前後編に分ける。
後半では、なぜ戦争となったのか
死神の属性はなどを考える。

リンク

リンク、足した
これからも許可いただいたら足していくよ
お友達多いから大変だね☆

ただのバカとパロディとパクリ

忙しいさなかだからあんまり更新できないと思ってたけど
気持ちが先行した。クロセカ考察は時間ある時に後回し

どうしようも無いバカは居る

人様の漫画の構図や内容を拝借して
さも私の作品ですと公言してしまう輩
そういう奴を人は模倣者などと蔑む。
オリジナリティの無い奴は嫌い。
だが、オリジナルへの愛のあったオマージュは
私は大好きだ。

自分の手元にマガジンドラゴンがある。
去年の年末くらいにマガジンが出した冊子
正直これ、表示偽装です。
中身はマガジンフレッシュですよ。
体の良い新人作家掲載冊子、それを某雑誌のエニックスだかスクエアだか忘れましたがそれに触発されて急いで作っちゃった。
そんな雑誌がこれ。
巻頭で大暮先生と赤松の野郎が喋ってる。
久米田の野郎が限られたページ数で漫画書いてる
私は本人が言うほど、きよ彦悪い話じゃないと思う。
フォローじゃないよ?本当だよ?
久米田の、変人が訪れて来てかき乱す話しは好き。

そんな中、今軽く話題に上がってる漫画がある。
これ言う事は、漫画をちゃんと全ページ読んだ上で
このマガジンドラゴンがどのような趣旨の漫画雑誌であったかを知っており
そして新人作家にかなり温情的(過保護といってもいい)な人が言う事である。

メガバカって漫画の盗作の疑いがネット界隈で話題になってる。
ふたばよか外のあたりな気がする。講談社は認めて謝ったよ。
私、この漫画はじめに読んだとき
「バカな作者」だなんてすぐ思ったわけです。
デスノのまんまの構図でキャラ書くわけですよ、サイコとか大暮あたりもぱくってたんだって
こう言っちゃもぅ極論だけど「ギャグ」として見れました。
戯言と思うかもしれないけどさ、木多の「代表人」とか読んできなよ、そりゃ、怒られて、連載切られるような
決しておりこうなギャグ漫画じゃないよ木多だって。
でもこの「メガバカ」ってのは、なんていうか、ちっちゃい木多みたいなもんだった
同じ雑誌内の新人の中で、絵だけ見ればべらぼうに上手いわけさ
それなのにくっだらないギャグ漫画を描いてるわけだ。
バカだけどある種の才能を感じたよ。

そりゃあ、人様の絵を真似る事ってのは良くないよ。この作者にさ
ここで甘くして、人の絵の模写して売れるって教えちゃいけない
そういうのもすごく判る
でもね、良き物を真似るってのは、理想に向かって精進する中の
一つの手法であると私は思う。
この作者バカだけど話はオリジナルでまとめてたよ。
絵の上手さの持ち腐れと思うくらいにバカでくだらない話だったけども

こういう新人潰しって可哀想だよね。自分でわかってるけど
私の言ってることがことごとく甘いんだ。
だけどこの作者を知ってしまったから、守る側に立ってあげる事も
必要だと思って声を大にしてる。

叩いてる奴はまず全部読め
欲を言えば金払ってまで読め

あと久米田も嫌がってるからネットにあげないでくださいお願いします。
プロフィール

うーみん

Author:うーみん
みんなみんなーともだちー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。